お歳暮

  • お歳暮という言葉の意味は、文字通り年の終わりを意味します。
    現代では年末に、お世話になっている方に物を贈る行為、またはその品物のことを指します。

    • お歳暮とは、日頃からお世話になっている方や親しい知人や友人、両親への感謝の気持ちと相手の健康を願う気持ちを物に込めて贈るものです。
      食料品を贈るケースが多いですが、贈る相手に自分の感謝の気持ちや健康を願う気持ちが伝えわり、喜んでもらえることを意識して、相手の嗜好や家族構成などを考慮して選ぶことが大切です。
    もっと見る
  • お歳暮を贈る一般的な時期は、12月の上旬から20日頃までとされています。 また、遅くてもクリスマス頃までには相手の手元へ届いていると良いでしょう。

    • この時期を越えるとお正月シーズンへと突入してしまうため、25日までがお歳暮を贈るのに最適な時期といえるのではないでしょうか。
      生ものを贈る場合、相手が不在であることを避けるために「在宅の確認をする」ことをおすすめします。 旅行シーズンと重なることもあり、この時期に家族旅行へ出かける方も多いと思われますので、さりげなく確認すると良いでしょう。 会社に贈るお歳暮は、12月20日を過ぎると年末年始の休業に向けてより多忙な時期になり、受け取る相手に迷惑となる場合があります。
    もっと見る
  • もしお歳暮の時期が過ぎてしまった場合、1月7日までに届けることが可能なら、表書きを「お年賀」として贈ると良いでしょう。 それ以降に届ける場合は、「寒中御見舞」や「寒中御伺」として、遅くとも2月4日頃までには届くようにしましょう。

    • また、年上の方へ贈る場合には、敬意を表し「寒中御伺」と書くとより思いが伝わります。 沖縄の場合は、現在でも旧正月を祝う地域もあるため、旧暦では「お歳暮のし」でも贈れる場合があるといいます。 しかし、沖縄県の中でも地域によって風習に違いがあるため、確認が必要となるでしょう。
    もっと見る
  • お歳暮にかける一般的な予算は3,000円から5,000円くらいが多いようです。 あまり高価なものを贈ると相手に気を遣わせてしまう、高価なお歳暮は失礼にあたるともいわれており、これくらいの予算が一般的といわれています。

    • 例えば、親戚など身内の場合は3,000円、勤務先の上司などへは5,000円、取引先や友人へは3,000円ほどの物を贈る方が多いそうです。 常にお世話になっている方や、特にお世話になった方に対しては10,000円ほどの物を贈る方もいるようです。
    もっと見る
  • 事前に訪問時間を打ち合わせて先方宅に直接持参するのが習わしですが、昨今では互いの都合もあって余程の場合を除いては宅配便を利用することが一般的になってきています。身内や友人に送り届ける場合は

    • 電話で伝える程度でも差し支えありませんが、日頃大変お世話になっている方々に送り届ける場合は贈り物に挨拶状を付けるか、届く頃を見計らって手紙か葉書による挨拶状を送るようにするのが礼儀です。
    もっと見る
  • ・「贈る相手の家族構成に合ったもの」や「相手の嗜好に合ったもの」、「長期保存しやすいもの」そして、「贅沢な気分を味わえるもの」が喜ばれるお歳暮の特徴といえます。

    • ・男女問わず日頃仕事で忙しい方、特に単身の方や、会社勤めをしながら主婦をしている女性には、仕事から疲れて帰った後でもスピーディーかつ簡単調理で食べられる商品も好まれるでしょう。 最近では「一食小分けギフト」も多く取り揃えられています。
      ・年齢にも配慮し、「健康志向の商品」や「手間が少なく調理できて、使い勝手が良く、長く保存できるもの」を選ぶと喜ばれるでしょう。
      ・30代と比較的若い世代の方はお歳暮という風習にあまり馴染みがないことも考えられますので、 少しカジュアルに、自分の好みで好きな時に好きな商品を選べる「カタログギフト」を選ぶのもひとつでしょう。
    もっと見る
 
 

お客様の声

  • お歳暮という言葉の意味は、文字通り年の終わりを意味します。
    現代では年末に、お世話になっている方に物を贈る行為、またはその品物のことを指します。

    • お歳暮とは、日頃からお世話になっている方や親しい知人や友人、両親への感謝の気持ちと相手の健康を願う気持ちを物に込めて贈るものです。
      食料品を贈るケースが多いですが、贈る相手に自分の感謝の気持ちや健康を願う気持ちが伝えわり、喜んでもらえることを意識して、相手の嗜好や家族構成などを考慮して選ぶことが大切です。
    もっと見る
  • お歳暮を贈る一般的な時期は、12月の上旬から20日頃までとされています。 また、遅くてもクリスマス頃までには相手の手元へ届いていると良いでしょう。

    • この時期を越えるとお正月シーズンへと突入してしまうため、25日までがお歳暮を贈るのに最適な時期といえるのではないでしょうか。
      生ものを贈る場合、相手が不在であることを避けるために「在宅の確認をする」ことをおすすめします。 旅行シーズンと重なることもあり、この時期に家族旅行へ出かける方も多いと思われますので、さりげなく確認すると良いでしょう。 会社に贈るお歳暮は、12月20日を過ぎると年末年始の休業に向けてより多忙な時期になり、受け取る相手に迷惑となる場合があります。
    もっと見る
  • もしお歳暮の時期が過ぎてしまった場合、1月7日までに届けることが可能なら、表書きを「お年賀」として贈ると良いでしょう。 それ以降に届ける場合は、「寒中御見舞」や「寒中御伺」として、遅くとも2月4日頃までには届くようにしましょう。

    • また、年上の方へ贈る場合には、敬意を表し「寒中御伺」と書くとより思いが伝わります。 沖縄の場合は、現在でも旧正月を祝う地域もあるため、旧暦では「お歳暮のし」でも贈れる場合があるといいます。 しかし、沖縄県の中でも地域によって風習に違いがあるため、確認が必要となるでしょう。
    もっと見る
  • お歳暮にかける一般的な予算は3,000円から5,000円くらいが多いようです。 あまり高価なものを贈ると相手に気を遣わせてしまう、高価なお歳暮は失礼にあたるともいわれており、これくらいの予算が一般的といわれています。

    • 例えば、親戚など身内の場合は3,000円、勤務先の上司などへは5,000円、取引先や友人へは3,000円ほどの物を贈る方が多いそうです。 常にお世話になっている方や、特にお世話になった方に対しては10,000円ほどの物を贈る方もいるようです。
    もっと見る
  • 事前に訪問時間を打ち合わせて先方宅に直接持参するのが習わしですが、昨今では互いの都合もあって余程の場合を除いては宅配便を利用することが一般的になってきています。身内や友人に送り届ける場合は

    • 電話で伝える程度でも差し支えありませんが、日頃大変お世話になっている方々に送り届ける場合は贈り物に挨拶状を付けるか、届く頃を見計らって手紙か葉書による挨拶状を送るようにするのが礼儀です。
    もっと見る
  • ・「贈る相手の家族構成に合ったもの」や「相手の嗜好に合ったもの」、「長期保存しやすいもの」そして、「贅沢な気分を味わえるもの」が喜ばれるお歳暮の特徴といえます。

    • ・男女問わず日頃仕事で忙しい方、特に単身の方や、会社勤めをしながら主婦をしている女性には、仕事から疲れて帰った後でもスピーディーかつ簡単調理で食べられる商品も好まれるでしょう。 最近では「一食小分けギフト」も多く取り揃えられています。
      ・年齢にも配慮し、「健康志向の商品」や「手間が少なく調理できて、使い勝手が良く、長く保存できるもの」を選ぶと喜ばれるでしょう。
      ・30代と比較的若い世代の方はお歳暮という風習にあまり馴染みがないことも考えられますので、 少しカジュアルに、自分の好みで好きな時に好きな商品を選べる「カタログギフト」を選ぶのもひとつでしょう。
    もっと見る
 
 

お客様の声

15件中 1-15件表示

自然解凍するだけ!中央市場のマグロ専門店がおすすめする本鮪入り!簡単贅沢海鮮4色丼セット。【送料無料】でお届け♪ 【お歳暮ギフト 送料無料】本マグロ(赤身・ねぎとろ)とイクラとウニの4色丼セット

  • 送料無料
クール便でお届け
定価 ¥ 5,980 のところ
早割特別価格 ¥ 5,380 消費税込 ¥ 5,810
いくらたっぷり!本鮪や無添加うにが入った豪華海鮮4色丼!中央市場のマグロ専門店がおすすめする本鮪入り
詳細を見る

瀬戸内で獲れる鮮魚を贅沢に西京漬けにしました。 【国産プレミアム】瀬戸内魚の西京漬けセット「誉(ほまれ)」8切れ 高級ギフト 海鮮 真名鰹 まながつお マナガツオ 本鰆 本さわら 本サワラ 天然鯛 天然タイ 天然たい 鱧 はも ハモ 高級ギフト 特選海鮮

  • 送料無料
  • のし対応◎
クール便でお届け
¥ 10,000 消費税込 ¥ 10,800
年末年始,お正月,年越し,,,,,,,
詳細を見る
15件中 1-15件表示